カテゴリー: おしらせ

 ネオジム磁石製のマグネットセットによる子どもの誤飲事故について

院長です。 皆さんは、ネオジム磁石製の玩具をご存じでしょうか。恥ずかしながら私は、最近までその存在を知りませんでした。インターネットで検索してみると、「マグネットボール」「マグネットキューブ」といった名称で販売されていました。 このマグネット製の玩具を子どもが誤飲したことによる事故の報告が、小児科学会のホームページに相次いで掲載され、中には小腸穿孔など重篤な例もみられています。一般に誤飲事故は…

 今シーズンのインフルエンザワクチン供給量について

院長です。 皆さんの中には、報道等で「今冬のインフルエンザシーズンのワクチン供給量が昨年に比べ大幅に減る」という情報に接している方がおられると思います。私も、卸売販売業者から同様の情報を得ています。 実際にデータを調べてみると、昨年は、新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に対処する必要性から、インフルエンザワクチンの供給が例年よりもかなり速いペースで進み、10月第5週の時点で供給量全体…

 新型コロナウイルス感染:京都府の現状

院長です。 一昨日から今朝にかけて、新型コロナワクチン個別接種に関するアンケートにご協力いただき、ありがとうございました。こちらの不手際でメールでのお知らせが1日遅れて昨夜となってしまい、申し訳ありませんでした。一旦締め切らせていただきますが、接種希望や不明な点等がありましたら、今後も遠慮なくお問い合わせください。当院での個別接種については、詳細が決まりましたらお知らせいたします。 京都府内に…

 精華町での新型コロナワクチン接種:まもなく集団接種が終わります

院長です。 クリニックのある精華町での新型コロナワクチンの集団接種は、10月に終了します。その後はクリニックなどでの個別接種に移行していくことになりますが、一度に接種できる数に限りがあり、希望するタイミングで接種できない可能性が大きいのではないかと思っています。 子どもたちの新型コロナワクチン接種について、さきほどブログにアップしました。ぜひお読みいただき、接種を前向きに考えていただきたいと思いま…

 HPVワクチン接種に関して

院長です。 子宮頸がんの発症を予防するHPVワクチン接種に関して、昨日、下記のようなニュースが流れました。 子宮頸がんワクチン、積極的な接種呼びかけ再開に議論準備 HPVワクチンは定期接種であるにもかかわらず、長い間、接種の積極的勧奨が控えられてきています。上記の記事の中にもありますが、国に対して下記のような働きかけがあり、その後に厚労大臣が発言したものでした。 HPVワクチンの積極的勧奨…

 日本脳炎ワクチン、おたふくかぜワクチンについて

院長です。 今年に入り日本脳炎ワクチンが一時的に製造停止となり、今年度は十分量のワクチンが入手しにくい状況が続くようです。そして今月になり、おたふくかぜワクチンが製造停止となり、10月末までの間入手困難となっています。 今後の接種に関してどのように考えればよいのかについて、坂本昌彦先生の記事が公開されていますので、下記のリンク先よりアクセスしてお読みいただければと思います。 https://ne…

 乳幼児のマスク着用について

院長です。 新型コロナウイルスの感染拡大は、1年前と変わらないかのような状況となっています。これからワクチン接種が進んでいくと思いますが、一人ひとりが基本的な感染対策を確実に継続することが、何よりも重要であることはこれからも変わりません。マスクの着用が当たり前の日常となっていますが、乳幼児のマスク着用について、日本小児科学会から提言が出されました(乳幼児のマスク着用の考え方)。特に2歳未満のお子さ…

 空気清浄機

院長です。 待合室に、新しい加湿空気清浄機を設置しました。注文から1か月以上経って、ようやく届きました。 感染対策に関わる商品が軒並み不足している中、空気の乾燥が気になり始めたこのタイミングで届いてくれて、ホッとしています。 このような感染対策のための設備面での改善も、少しずつになりますが、今後も進めていく計画です。  (2020.11.9.) …

 食品による窒息

院長です。 食品による窒息について、日本小児科学会から提言が出されました。要因や対処法について詳しく書かれています。実際にあった報告例についても、確認いただけます。是非一度お読みいただいて、今後の参考としてください。 (2020.10.30.) ~食品による窒息 子どもを守るためにできること~…

 今週の「小児科の先生とおはなししよう」

 院長です。今週の金曜日(1月25日)の「小児科の先生とおはなししよう」は、受動喫煙の影響をテーマとしました。今回は特に新型タバコ【IQOS(アイコス)やPloom TECH(プルームテック)など】に関することを中心にお話させていただく予定です。これまでの紙巻きたばこに比べて有害物質が大幅に減少しているかのような宣伝がなされていますが、人体への悪影響は変わりなく、特に乳幼児への受動喫煙による影響は…