院長です。
昨日の午後、新型コロナワクチンを接種してきました。予診票は下記のようなものでした。今回の接種に合わせた説明内容になっていますので、皆さんが接種される時とは若干違うと思いますが、予診票の内容は変わらないと思います。

体温は事前に自宅で測定して、予診票に記入していきました。受付では、非接触型の体温計での確認のみでした。受付で予診票と名簿の氏名を照合してから、会場に入りました。予診票と接種記録書を持参していることを確認されてから、医師に予診票の内容の確認を受け、いざ接種に。看護師さんに、左肩に接種していただきました。肩に筋肉注射をされるのは初めてでしたが、ほとんど痛みはなく、インフルエンザワクチン接種より痛みは小さかったように思います。その後、接種記録書にシールを貼ってもらい、待機スペースに移動。そこで少なくとも15分間休憩することになります。接種後のアナフィラキシーのほとんどが、15分以内に起こっているからです。私の場合は全く変化は感じられず、無事に接種が終了しました。

 

接種記録書は2回目の接種の際にも持参する必要があります。

接種したのは、午後3時15分ごろでした。接種後の体の変化ですが、夜になって少し接種したところに痛みを感じるようになりましたが、気になるほどではありませんでした。今朝になって痛みはよりはっきりとしてきましたが、日常生活に影響するほどではなく、夜になってかなり楽になってきています。これまでの報告では、2回目の接種後のほうが副反応の頻度が高いようなので、しっかりと体調管理をしたいと思います。

このように1回目の接種は、これまでに経験しているワクチン接種の時と同じように経過しました。ほとんどの人は新型コロナワクチンを、安全に接種できます。ワクチンの接種は、自分自身の感染の可能性を小さくし、その結果周囲の人にも感染させにくくなります。つまりワクチン接種は、自分のためだけではなく、ワクチンを接種できない人、周囲の人、そして家族を守ることにもつながります。接種するかどうかはあくまでも個人の希望によりますが、ぜひ前向きに考えていただきたいと思います。  (2021.3.21)