院長です。
自粛生活が続く中、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。例年とは全く異なったゴールデンウィークになってしまいましたね。全く予定がない私は、まとまった時間ができたことを利用して、普段できないことに使わせてもらっています。
さて、新型コロナウイルス感染症の蔓延と共に、外来を受診される方も大幅に少なくなりました。休校措置などにより、感染症の流行が抑えられていることも影響しているものと思われます。
自治体による乳児健診は、延期が続いています。この先の予定も、まだ決まっていません。
新型コロナウイルス感染症の影響はさまざまなところに及んでいますが、このような状況の中であっても、予防接種は当初の予定通りに接種していただきたいと思います。予防接種率が下がれば、それだけその病気が流行する可能性が大きくなってしまいます。当院では、通常通り予防接種を行っており、診察時間以外の予約枠も設けています。特に乳児期のお子さんは、接種するワクチンの数が多く大変だとは思いますが、できるだけ早く接種を進めてください。
関連する記事がありましたので、時間のある時にお読みいただければと思います。

新型コロナが怖くて予防接種しないとどうなる?

(2020.5.4.)