2回に分けて公開されている資料を引用させていただき、新型コロナウイルス感染症について、私なりにできるだけわかりやすく解説したつもりです。是非ともわかっていただきたいのは、感染してもほとんどの人は他の人に感染させていないこと。そして”三密”と言われる状況に近づかないことがとても重要である、ということです。

さて、新型コロナウイルスとのたたかいは、これからも続きます。日本での状況をみれば、これからが本番です。

緊急事態宣言が出されるのかどうか、気になります。
自粛要請が出されている一方で、さまざまな補償はどうなるのか、とても気になっています。もっとスピーディーに実行に移せないものかと、もどかしく思います。
今現在も最前線で患者さんの治療にあたってくれている多くの医師・看護師さんたち、保健所の方々をはじめとする行政の方たちがいます。救えるはずの命が救えなくなる医療崩壊は、何としても防がなければなりません。

今こそ、わたしたちの出番です。わたしたち国民一人一人がこの問題を真摯に考え、それぞれの行動を見直し適切なものへと変えなければなりません。そう、各自の行動変容が何より大切なことなのです。共に動き出しましょう。私たちなら、できるはずです。  (2020.4.5.)