院長です。インフルエンザの流行が終息に向かうのと入れかわりに、今月に入ってスギ花粉症の症状で受診されるお子さんが増えています。毎年通院されている方だけでなく、今年初めて症状が出て診断されたというお子さんもおられます。風邪症状との区別が重要ですが、子どもの症状は大人に比べて、鼻詰まりや目のかゆみが強くみられる傾向にあります。早ければ2歳くらいから症状がみられます。この週末は、スギ花粉の飛散が非常に多いようです。疑わしい症状がみられた時は、早めに受診されることをお勧めします。  (2017.3.10.)