相楽郡精華町、祝園駅、木津川台駅、小児科、助産院 くわはらこどもクリニック
 

乳児の皮膚ケア

 

「食物アレルギー」「乳児アトピー性皮膚炎」

 1. 食物アレルギーの多くは乳児期に発症します。
  大きく分けると、以下の2つの病型に分けられます。

食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎

頻度の高い食物
→鶏卵、牛乳、小麦、大豆 など
【主な症状】
この病型は、生後間もなく~3,4ヵ月に、顔から始まる湿疹が徐々に体に広がります。
スキンケアや十分な軟膏療法を行っても、原因食物を除去しないと2ヶ月以上改善しません。
(ただし、乳児期のなかなか治らない湿疹がすべてこの病型とは限りません。)

即時型症状

頻度の高い食物
→鶏卵、牛乳、小麦、そば、魚類、ピーナッツ など
【主な症状】(以下の症状が、原因となる食物を摂取してから短時間で出現します。)
 ・皮膚症状:かゆみ、じんましん、赤み
 ・粘膜症状:眼症状 … 目の充血・腫れ、かゆみ、流涙、まぶたの腫れ
       鼻症状 …くしゃみ、鼻水、鼻づまり
       口腔粘膜症状 …口・唇・舌の違和感・腫れ、喉の痒み、イガイガ感
 ・消化器症状:腹痛、嘔吐、下痢、血便
 ・呼吸器症状:喉が締め付けられる感覚、声嗄れ、咳、喘息、呼吸困難
 ・全身性症状:アナフィラキシーショック(頻脈、血圧低下、意識障害など起こる)

2.原因食物の除去についての考え方の基本

  • 食物アレルギーでも、基本的に離乳食の開始や進行を遅らせる必要はありません。
  • 乳児期の原因食物は鶏卵、牛乳、小麦が90%を占めます。離乳食開始時に利用されることの多い米、イモ類、野菜類が原因食物となることは少ないと考えられます。
  • 自己判断により、“念のため”に医師の指示以外の食物を除去しないようにしましょう。

 

 妊娠中・授乳中について

  • 母親が原因で子どもの症状が悪化する場合には、母親も原因食物の除去を指示されることが時にありますが、母親が子どもと同等の除去を長期間必要とすることは、ほとんどありません。
  • ハイリスク児(両親・同胞に一人以上のアレルギー患者がいる)に対して、アレルギー性疾患発症予防を目的とした妊娠中・授乳中の母親への食物制限は、十分な根拠がなく勧められません。

3.当院における食物アレルギーの管理方法

●乳児アトピー性皮膚炎
・適切なスキンケアと、必要な場合は十分なステロイド軟膏療法を行う。
・ステロイド軟膏を使用しても改善が得られない場合、改善が得られてもステロイド軟膏を
 減量または中止すると症状が悪化する場合は、血液検査(特異的IgE検査)を行います。
・検査結果が陽性で、症状と合わせ原因食物と判断される場合、従来の治療に加え、原因食物
 の除去を開始します。およそ半年ごとに検査を行い、その結果と症状とを合わせ、原因食物
 の摂取を進めていきます。
*月齢に関係なく、必要を認めた場合は血液検査を行います。
*当院では、「皮膚テスト」「食物経口負荷試験」「経口免疫療法」は行っていません。

●即時型症状
・疑われる食物について、血液検査(特異的IgE検査)を行う。
・検査結果が陽性であれば、上記③と同様に経過観察を行う。

 4.スキンケアの基本

赤ちゃんの皮膚の特徴
・大人に比べて薄い
・汗の出る穴と毛穴の数が大人と同じ(一生変わらない)⇒単位面積あたり過密に存在して
 おり、汗の 出る穴や毛穴に関連するトラブルが起きやすい素地がある。
・毛穴から分泌される皮脂…新生児期は、母体からのホルモンの影響などで一時たくさん出
 るが、一般 に大人に比べて少ない。
・皮膚の角層に含まれるアミノ酸の量が大人より少ない。
・皮膚表面の状態が季節(生活環境)により大きく変動する。

 

【健康な皮膚と乾燥した皮膚の違い】

角層のバリア機能を維持するのに大切なのが、皮膚の潤いを保つ「皮脂膜」「角質細胞間脂質」「天然保湿因子」と呼ばれる物質。
この3つの物質が少なくなって乾燥した状態(ドライスキン)になると、角層がはがれて隙間ができ、外からの刺激を受けやすくなります。
健康な皮膚を維持するには、乾燥が引き起こす隙間の形成などを保湿により塞ぎ、同時に原因物質が皮膚表面に存在しないように除去する(いろいろな意味での汚れを取り去る)ことが予防につながります。基本は「まずきれいに、そしてしっとり」です。

  • 油性の被膜で水分の蒸散を防ぐ:ワセリン、プロペト、オリーブ油 など
  • 水分と結合して保湿効果を発揮:ヘパリン類似物質(ヒルドイドなど)、ヒアルロン酸 など
  • 天然保湿因子として働く:セラミド、尿素、ヒアルロン酸ナトリウム など

5.乳児アトピー性皮膚炎の治療

スキンケア:きれいに(石けんで洗う)、そしてしっとりと(保湿)
・石けんを十分に泡立ててから、できるだけ素手で優しく洗ってください。
 その後、ぬるま湯でよくすすいでください。下記のサイトが参考になります。
 http://www.maruho.co.jp/araikata/index.html

・お風呂の後、出来るだけ早く(5~15分以内に)保湿剤を全身に塗ってください。
 軟膏やクリームは人 差し指の先から第一関節まで、ローションは1円玉大の量で、大人の
 手のひら2枚分の面積に塗れます。
・スキンケアは1日2回が基本です。お風呂のとき以外に、お湯で濡らしたタオルで押さえ拭
 きし、その後に保湿剤を塗る機会を設けてください。

ステロイド軟膏の使用
スキンケアだけでコントロールできない湿疹については、症状に応じてステロイド軟膏を使用します。

*ステロイド軟膏の副作用
 1.うぶ毛が生える
 2.塗ったところにニキビができやすくなる
 3.同じ場所に塗り続けると血管がやや目立つことがある
 4.同じ場所に塗り続けると皮膚がややうすくなることがある
 5.皮膚がうすくなりすぎて皮膚線条ができることがある

 ※1~4の副作用はステロイド軟膏の使用量が少なくなると回復します。
  5は同じ場所に数年間毎日塗り続けると発生し、元に戻りません。

ステロイド軟膏は、適切な使用をする限り安全な薬であり、乳幼児に普段処方されることの多いステロイド軟膏で、上記のような副作用が起こることはほとんどありません。医師の指示通りに十分量を使用することが効果を得る上でも、副作用を予防する上でも、重要なことです。

最近の研究によると、新生児早期からの適切なスキンケアを行うことにより、アトピー性皮膚炎の発症を予防できる可能性がある、と言われています。また、乳児期のアトピー性皮膚炎が、食物アレルギーをはじめとするアレルギー疾患の発症誘因となっている可能性があるとされています。湿疹のできていない生後早期からのスキンケアの重要性は、今まで以上に強調されるべきだと思います。赤ちゃんの生後早期の湿疹は、「乳児湿疹」ということで、ある程度は仕方がないと考えておられる方も多いかと思いますが、湿疹ができないようにケアすることは、赤ちゃんの将来を考えればとても大切なことです。湿疹で悩まれている方、食物アレルギーについて不安や疑問を抱かれている方は、症状の重症度にかかわらず遠慮なくご相談ください。

  • 悠育助産院
  • 携帯QRコード

    このページのQRコード