相楽郡精華町、祝園駅、木津川台駅、小児科、助産院 くわはらこどもクリニック
 

ブログ:今一度、「風邪」とは?

 

院長です。今回は受診されるきっかけとして最も多い「風邪」について、理解しておいていただきたいことをまとめてみます。
 風邪(かぜ)とは、多くの場合急性上気道炎(普通感冒)を指します。主にウイルスの感染による上気道(鼻腔や咽頭等)の炎症性の病気で、咳・のどの痛み・鼻みず・鼻づまりなど局部症状(カタル症状)、および発熱・倦怠感・頭痛など全身症状が出現した状態のことです。80 – 90%が複数のウイルスの感染によるものであり、そのほか10 – 20%が細菌やマイコプラズマ、クラミジアなどの感染によるとされています。
 ウイルスと細菌の違いですが、ウイルスは蛋白質の外壁と内部に遺伝子を持った単純な構造体で、人間の体の中に入ると細胞の中に入り込み、その細胞に自分のコピーを作らせます。自分自身で増殖する能力はなく、生きている細胞の中でしか増殖出来ないのです。一方、細菌は単細胞生物で、自分で増殖する能力を持ち、ウイルスの10~200倍の大きさがあります。抗生物質は細胞の構造を利用して作用するものであり、細菌をやっつけることはできますが、ウイルスには効果がありません。特定のウイルスの増殖をおさえる薬はありますが、ウイルスを消滅させる薬はありません。したがって、ほとんどの風邪に抗生物質は無効であり、自分自身の持つ自然治癒力で治っていくものなのです。
 受診されたときに処方する薬の大部分は、上記のような風邪に伴う症状を緩和するためのものです。薬の服用により予防することはできませんし、早く治るということもないのです。

2013年8月23日

  • 悠育助産院
  • 携帯QRコード

    このページのQRコード