今日はおはなし会でした

| ブログ | |

 院長です。今日の午後に、今月の「小児科の先生とおはなししよう」を開催しました。僕からのおはなしのテーマは、「子どものホームケア」でした。前回のブログでもお伝えした通り、風邪に関する基本的なことと共に、「発熱したとき」「嘔吐・下痢のとき」「便秘のとき」「頭を打ったとき」の対応の仕方と、受診の目安についてお話ししました。その後、今回のテーマに関すること、それ以外のことについてのご質問にお答えしたのですが、予定の1時間半はあっという間に経過していました。
 今回の内容は、家庭でのより良いケアのためだけではなく、夜間や休日などに慌てて受診する必要がない場合も多いことをお伝えするためでもありました。病気のお子さんを抱えて移動するのは、とても大変なことです。家で安静にしている方が、お子さんにとって有利にはたらく場合もあります。体温など数字に振り回されることなく、お子さんの状態が普段とどのくらい違うのか、そのあたりを基準に考えていただきたいと思います。一方で、お母さんやお父さんが、家庭でのケアを自信をもって行えることも重要で、安心のために受診することは必要なことでもあります。家庭医はそのためにあるといってもいいので、些細なことであっても必要な時に利用していただいていいと思っています。
 次回は9月22日(金)に開催予定です。テーマが決まりましたら、お知らせします。 (2017.8.25.)