院長です。今月の「小児科の先生とおはなししよう」は、今週の金曜日に行います。今回は少し変更点があります。
 この会を始めて1年が経ちました。当初はどのような形で進めるのがいいのか試行錯誤でしたが、最近は一定の形になってきていました。一つのテーマについてまず僕の方からお話しさせていただき、その後にテーマに関することや、それ以外のことも含めた様々な疑問にお答えする、そんな流れです。それなりに満足していただける形になったのではないかと思いますが、振り返ってみると、僕とお母さんとの1対1の話に終始することが多く、お母さん同士の話で盛り上がることは少なかったように思います。普段の診察の場では時間がなくてなかなか聞けないこと、病気とは関係のないこと、そんなことも含め何でも遠慮なく聞いてもらえる場を作りたいという思いから始まったものですが、お母さん同士が話すことで悩みが解決するような場面があると、「ああ、これも大切だなあ」と感じていました。また、すべての年齢のお子さんに当てはまるテーマを設定することが難しいということも感じてきていました。そこで、これまでの会の形を踏襲しつつ、出席したお母さん同士の会話がはずみ交流が始まっていく、そんな場にできないかと考えました。
 そこでまず、開催場所を助産院にある広めのスペースに移すことにしました。僕からテーマに関するお話をさせていただくことは変わりませんが、みんなで一緒に輪になって打ち解けた雰囲気の中で、たくさんお話しできればと考えています。次回1月の会のテーマは、出席していただいた方のご意見をそこでお聞きして反映させたいと思っています。変更後最初の会なので多少ぎくしゃくするところがあるかもしれませんが、楽しい会にしたいと思います。ふるってご参加ください。  (2015.12.13.)